笑いで目覚め

いつも笑顔でサンキュー(*^^)v

*

【修羅場】俺は特に味にうるさい訳でもなく、一般的な味覚を持ってるつもり。どんだけ言ってもどんだけ願っても嫁の味付けが変わらない。さすがに味噌汁にみりんは・・・

   

 

a0002_011673_m_TOP

どんだけ言っても分からないバカ嫁にはもう愛想が尽き果てそう。

「足してるから大丈夫!大丈夫!」ってオマエな。調味料入れすぎた鍋ン中に水足すならまだしも、

「味を相殺させる為」っつって入れた調味料や料理関係無しにみりん入れたってどうにもなんねェんだよ。

誰が好き好んでみりんの味しかしない味噌汁を飲むんだっつーの。

 

 

昨日(というか月曜の夜9時だ)、みりんの味がするロールキャベツ(と言う名の丸めレタス)にキレて、

コップ一杯の水に砂糖と塩を大盛り1杯入れて、その中にみりんどっぷどぷ入れて、

「お前のやってる料理はこれだ。飲めるか?飲んでみろ。お前がいつも作ってるものだからな!」

で、アホ嫁一口飲んだら「あらやだ、いけるじゃない!」っつって全飲み干ししやがった。

 

……もうヤだよ…アンちゃん、助けてよアンちゃん……

アンちゃんの嫁さんの美味いメシ喰いに逃げさせてよ…

 

 

(閲覧者の意見)

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/26(火) 09:38:56.72

>>50

それは嫁さんを病院に連れてって味覚の検査した方が良いと思うぞ

 

(著者の回答)

病院…だよねぇ、やっぱ?

一度言ったことあるんスよ。一緒に色々調べてもらおう、って。

そしたらキレるキレる。生まれて初めて全力の左フック喰らったよ。

「自慢じゃないけどあなたより私は健康よ!!」だそうな。

無意味に自分の健康に(根拠もないのに)自信持ってるから最悪だ…

義父母を抜き打ちで呼んで、獄門みりん御膳を評価してもらうしかないのかしらん。

 

↓↓続きは2ページ目へ↓↓

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5

 - 修羅場 , , , ,

   

 

  関連記事

【修羅場】夜行バスから降りて薄暗い道を歩いていると幼女が薄着で震えていた。母親に2日間放置されていたらしい。

  一ヶ月ほど前、夜行バスで旅行から帰ってきた。バスが思ったよりも早く …

【修羅場】娘が3歳になったある日、モジモジと私をずっと見てたので「なあに?」って聞いてもモジモジしてたけど意を決した娘は私に「お母さん・・・・」

  スレチかなとも思ったけど、子供が絡んでるからこちらで。 娘が3歳に …

【修羅場】同僚が急病でやばい感じだったので道沿いにあった病院に走り込んだ。→受付嬢「検査出来ない。ほかの病院のでんわばんごうはわかりませんねえ。電話帳で調べたら?」私「」

  まあ、わりとあきれた話。   運転中、同僚が苦しみだして …

旦那姉に托卵を疑われ、DNA鑑定!「鑑定したらハッキリしちゃうね、怖いでしょ??んん~??」私「(バカじゃないのw)」→まさかの結果が出て・・・

  先月ありましたわ修羅場!携帯からなので改行変で読みづらいかもごめん …

彼女と連絡が取れなくなった。Kサツ『これ以上ストーカーを続けるなら逮捕しますよ?タヒねと送った文面も見ています』俺「はっ?」→話を聞いてみると、なんと・・・・・

ある日彼女と喧嘩したら連絡が取れなくなった。 それから数日分に警察から電話が 「 …

【修羅場】妊娠中の嫁がいたが何もかも捨てる勢いでド真ん中だった昔の恋人に走った。元カノと同棲し始めて1年半後、元嫁から連絡があり…

何年も前、何もかも捨てる勢いでド真ん中だった昔の恋人に走ったことがある。 当時の …

【修羅場】13歳年下の妹を連れてトイレへ・・・出てくると、外には警備員や店員やその他ワラワラ

自分には13歳離れた双子の妹がいる。 妹たちが結婚することになり、記念にカキコね …

ある日家に帰ると、母親が置手紙をしていなくなっていた。手紙には『おかあさんはおでかけしてきます』と書かれていて、7歳の私は1人で数日過ごしていたのだが・・・

  私が7歳の頃の話。 父親が単身赴任で私は母親と暮らしていた。 母親 …

警察が検問を通してくれず、その場で119番!→救急隊員「あれ?何で警察が?」警官「あれ?何で救急車が?」→結果wwww

  数年前、飲み会を自宅でしていた時に友達が具合が悪くなった。 友人男 …

【修羅場】結婚記念日に15万かけて温泉旅館を予約!当日チェックインしようとしたら「予約されてる名前はチェックイン済です」と旅館を追い出された。15万も交通費も全て無駄になってしまった。

  ネットも携帯もないあまり普及していない大昔のお話。 結婚5年目の記 …